塗装の必要性


家を建て何年か経つと外壁や屋根が経年劣化し予期せぬトラブルが起こるようになります。最初は小さく気づきにくい症状でも、ほおっておくと最悪大掛かりなリフォームが必要になることも。

外壁塗装が必要なケース


建物の壁面

建物の外壁劣化が進行すると、下地は腐食していきます。下地が木材の場合は貫通する恐れがあり、エクステリアなどの独立個所では倒壊の可能性もでてきます。

屋根

屋根の劣化が進行すると、雨漏りがおこります。主な原因は塗装の寿命により防水効果が失われたり、屋根材の継ぎ目のシーリングがはがれるということが考えられます。

ベランダ

鉄製の手すりなどの場合、塗装が劣化し雨にさらされることによりサビてしまいます。その結果手すりごととりかえる工事をしなければなりません。

どうしたらよいか


数年に一度、塗装の寿命がくるまえにこまめに塗り替えるのがよいでしょう。ずっとほおっておいて、上記のような症状があらわれてからではすでに手遅れなこともあり、大掛かりな工事が必要になってしまいます。数年に一度の塗装の際に、自分の家の状態をチェックすることが家の寿命を延ばす秘訣ではないでしょうか。
外壁塗装の達人
外壁塗装の専門業者の紹介サイトリビロペイント
リフォームコンタクト ウェブサイトへ
らくらくペイント外壁塗装
 
外壁110番